【Audible】と【オーディオブック】を2ヶ月間使ってみた

紙の本 vs オーディオブック 僕はモノに対しては思い入れの強い方で、所有しているだけで満足したり、それを眺めている時間が結構好きだったりします。 つい先日つけた洗面所のカーテンはずっと眺めてられますし、ニューバランスの靴、黒い服、なるべく存在…

考える力は「自分ごとの課題」✕「意思決定の数」で向上する

考える力とは 僕は日々、考えることが下手だなと思います。30年も生きてきて、考え方について考えるのは少し遅いかもしれませんが、それだけ難しいことなんだと前向きに解釈しています。 考える力とは何でしょうか。いろいろな書物を読む中で、僕が一番しっ…

なぜ今、「インサイドセールス」が面白いのか?(参考書籍:インサイドセールス 究極の営業術 最小の労力で、ズバ抜けて成果を出す営業組織に変わる)

インサイドセールスはフィールドよりも面白い? 2018年を振り返ると、「インサイドセールス」の面白さを体感した一年となりました。僕自身は製薬企業で5年間フィールドセールスを経験し、今のWEB系会社でフィールド/インサイドどちらも経験している人間です…

エンゲージメントは「従業員満足度」でも「モチベーション」でもない(参考書籍:組織の未来はエンゲージメントで決まる)

「従業員のエンゲージメントを高めること」が「利益」を生む サティスファクション・ミラーという言葉を聞いたことがありますか?従業員の満足度が高まると、顧客の満足度も高まるという相関のことでジェームズ・ヘスケットという教授が提唱している概念です…

明日チャンスがきたら、それをものにできるか?(参考書籍:福岡市を経営する)

リーダーシップとは何か。 さまざまなビジネス書を読むと、リーダーシップ論にはある共通項があることに気がつきます。 ・管理ではなく、勇気付けること ・論理的思考に基づくtobeが明確 ・実行者にとって、一番の支援者である存在 目指すべき目標への指針で…

泣けるビジネス本『破天荒フェニックス』で、経営とは何か考える(参考書籍:破天荒フェニックス オンデーズ再生物語)

泣けるビジネス本 「破天荒フェニックス」という本がめちゃくちゃ面白いです。 オンデーズの社長である田中さんが執筆されている事実に基づくフィクションで、大筋としては、倒産すると言われたメガネ屋を買収し、度重なる資金ショートに悪戦苦闘しながらも…

本当は良いモノなのに、マイナスに捉えてしまう脳の仕組みに要注意(参考書籍:人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている)

「認知的不協和理論」とは 「認知的不協和」という心理学の用語を聞いたことがありますか? 僕は人気ブロガーのふろむださんの著書「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」を通して知ったのですが、これがとても面白かったので紹介…

会社員は上司に好かれた方がトクという当たり前の話(参考書籍:人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている)

上司には戦略的に好かれた方がいい 会社員である限り、上司に好かれることは必須です。それにより、昇進や昇給は言うまでもなく、マイクロマネジメントや日々の厳しいコミュニケーションを避けられるということは、幸せな会社員生活の前提になります。 一方…

B2Bセールスのためのお勧めビジネス本7冊【2018年10月時点】

今回のテーマは「セールス」 僕自身、かれこれ8年ほどほぼセールスとして会社員人生を送ってきたのでまずまず関連本は読んでいると思います。 でも営業の本って、 トップセールスマンの感覚やマインドっぽい要素が多くて参考にならなかったり これまたトップ…

「不確実な世の中」を生き抜く思考法(参考書籍:センスのいらない経営)

なぜ読んだか 同い年の経営者 どうだったか 地に足のついた秀才 世の中の仕組みを捉えるのがうまい(というか大事にしている) 30前後世代にとって多くの”学び”と”共感”がある これまでの日本型経営にはあまり意味がない 「不確実な世の中」を生き抜く思考 …